家庭教材について

家庭教材の選び方のポイント

2018年07月23日 18時47分

学習目的・目標に合っている教材選びをしましょう!
自分の子供の学力や学習環境も大切ですが、それと一緒に子供の学習目的・目標に合っている教材を選別する事もとても重要になります。例えば、子供が机に向かって勉強する習慣を定着化させたい事が目的の場合、難易度の高い内容の教材は合っていると思いますか?それとも、日々着実に子供の学習意欲が高まる様に作られている教材が合っていると思いますか?定着化させたいのならば、後者の方が子供にとって合っていると言えます。
また他にも、学校の教科書に載っている内容では少し物足りない子供には、教科書準拠では無い会社がオリジナルで構成している教材や、各教科ごとの目標別に分かれている教材コースを選ぶのも一つです。各家庭のお子様によって、目標にしている事、学習目的、学力能力、学習環境も色々ですよね。まず始めに通信教育に取り組むにあたっての目的をはっきり決め、次にその目的に沿った子供の目標は何かを考えて、その条件に最も合っている学習教材をチョイスする事が出来ると、より質の良い学習が出来るでしょう。
 
教材の特徴
・基礎学力をアップさせる教材
・目標校へ合格するための教材
・学習習慣の定着化を図る教材
・学校で学んだ授業内容の予習・復習が出来る教材
・定期テスト対策に特化した教材
・添削システムサービスがある教材
・教科書準拠の教材
・サポート体制が手厚い教材
学習教材も本当に様々でタイプによって特徴も違ってきます。大半の教材は、様々な子供に対応可能なコース内容ややカリキュラム講座になっていますが、教材で重要視している点、絶対に外せない内容等、色々ありますよね。これらを考慮するのは勿論、サポート内容についても配慮して、総合的に学習教材選びを判断していって下さいね。
 
資料請求や教材のサンプルは積極的に利用しましょう!
実際に一度教材体験が出来たり、具体的なカリキュラム内容の説明を見たり、学習教材の資料請求や教材サンプルは積極的に色々試せる物は試して、教材を比べてみると良いでしょう。公式なwebサイトのみにお試しのサンプル教材を載せている会社も中にはありますが、資料請求やお試し教材は、一般的にwebサイト上から申し込みが可能です。様々な学習教材を比べて検討していく際に、本人が実際に体験してどの様な感じの教材かを確認する事はとても大切で、教材選びに失敗しない事に繋がります。気になる教材は一回試してみて下さいね。
学習環境や費用面から考えよう
あまり子供に無理をかける事無く取り組む事は非常に重要で、学校の授業・宿題、塾、家庭教師等、子供にとって状況がいっぱいいっぱいであるにも関わらず、教材を受講した所で良い結果を得ようとするのは難しいです。今の子供の学習環境で学習教材を受講が可能か不可能か、負担にならない学習環境に配慮しましょう。色々なものに手を付けるのでは無く、ちゃんと目的に沿った教材で勉強していく方が高い効果を得られるはずです。また、受講費も経済的に無理せず受講可能かについても考えましょう。